« 現代詩時評・展望「アンソロジーから見えるもの」コールサック68号より | トップページ | 東日本大震災と原発事故に関して »

2011年3月 8日 (火)

命アンソロジー原稿続々と

全国の皆さん、また海外在住の皆さん、こんにちは。

コールサック・ホームページのトップページにバナーでつけています「命が危ない 200人詩集」アンソロジーに、いま続々と参加原稿が寄せられています。この分だと、200人ではなくもっと集めることになりそうです。まだの方は、よろしかったらぜひご参加ください。私の書いた趣意書をお読みいただき、ご賛同頂ける方々の玉稿をお待ち申し上げます。なお、これは「命が危ない人」のアンソロジーという趣旨ではございません。広く「命」に関する作品を集めています。よろしくお願いいたします。

また、詩誌「コールサック」69号の原稿しめきり3月20日が近づいてきました。すでに今号も文学的に重要な評論や、新参加のフレッシュな小詩集詩人の詩など、力作が集まっています。よろしかったら、ぜひご参加ください。

では、皆さん、花粉症の脅威にうちかって、春を迎えましょう。

ちなみに、「タウロミン」という薬は体の体質から健康にしてくれて花粉症にも効きます。副作用もなく、胃腸にもいいですよ。私はこれまで花粉症の時期に化学薬品を飲んでいましたが、はなも止まる代わりに、のどがカラカラになり、胃が痛くなり、大変でした。北新宿のうちの近くの薬局のおばさんにすすめられた「タウロミン」にしたら、ぐっと快調になりました。

佐相憲一より

|

« 現代詩時評・展望「アンソロジーから見えるもの」コールサック68号より | トップページ | 東日本大震災と原発事故に関して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1367234/39150300

この記事へのトラックバック一覧です: 命アンソロジー原稿続々と:

« 現代詩時評・展望「アンソロジーから見えるもの」コールサック68号より | トップページ | 東日本大震災と原発事故に関して »